木材利用ポイントを使用してみよう【ポイントでぽいぽい交換】

景色の良い所
景色の美しいルーム

利点を考える

カーテンのそよぐ窓

不動産業界では住宅においては減少傾向にある中、賃貸住宅については増加傾向にあります。しかしどれも似たようなつくりで、本当に納得いくような物件に、納得いく家賃で住んでいる人は少ないものです。

選ぶことが出来る

日の射し込む部屋

不動産を売却するのであれば、まずは不動産業者に不動産を査定してもらう必要があります。こちらから希望売却額を提示することもできますが、差が出てきますので複数で行なうこと視野に入れましょう。

基本情報

日の射し込む窓

何らかの事情でマンションの売却を検討している人は、失敗しないためにも宣伝をしっかりやってくれる不動産業者を見つけることも大切でしょう。まずは信頼出来る売却場所を探して失敗しない売却を目指します。

日の当たるリビングルーム

やっておくべきこと

木材利用ポイントの交換をするには、まずは木材利用ポイント発行申請を行ってください。ただ対象商品を購入したのでは、木材利用ポイントは付与されません。発行申請は、発行予定額に達した時点で締切となります。最長でも平成27年5月31日ですが、この日が到達するまでに締切となる可能性が高いようです。なぜなら発行予定額の残額がどんどん減っているからです。4月23日時点の発行予定額残高は約13億ポイントです。この数字を見ると多く感じる方もいるかもしれません。しかし残高の推移の発表を開始した4月7日時点では約29億ポイントありました。毎日コンスタントに1億ポイントづつ減っています。かけこみ申請が殺到しているのかもしれません。お早目に発行申請をしてください。

木材利用ポイントの発行申請を済ませれば、ひとまずは安心です。交換申請の締め切りは平成27年10月31日までです。こちらは締切が早まることはないので、慌てて交換しなくても大丈夫です。 しかし、せっかくのポイントですので有意義に使いたいものです。木材利用ポイント制度の趣旨は、国内の林業や、木材の産地の地域活性化や、国産の木材製品の利用促進です。国産の木材の良さを見直すきっかけに、きっと木造住宅を建てられたり、家具を購入されたのだと思います。それならそのご自宅にある木の故郷を、旅してみませんか。ポイントの交換先には、グルメな食品ばかりではなく、木の故郷の里山体験ツアーなどもあります。中には日本でも有数の旅館の宿泊にも交換できます。一部を旅行券に交換すれば、交通費などの出費も抑えられます。