木材利用ポイントを使用してみよう【ポイントでぽいぽい交換】

利点を考える

カーテンのそよぐ窓

いくら借り手市場になっているといっても満足のいく部屋を借りれるというわけでもないのが現状でもあります。 そこで、最近ではDIY型賃貸普及への取り組みがなされており、これは改修費の問題などから、空き家の賃貸化に消極的になりがちな物件所有者に対して空き家を有効活用しやすくするためにかんがえられたものでもあり、借りる側にとってもメリットのあるしくみとなっているのです。 中でも借主負担DIY型は新たな賃貸不動産の契約形態となっており、借主が自らの意向を改修に反映できる一方で、構造部などに大きな問題がなければ、オーナー側も現状のまま貸し出すことができるため、新たな住まいの形として今後は普及が進むものとみられています。

この借主負担DIY型賃貸はDIYが好きな人、自分で好きな空間を作り上げたい人にとっては今まで以上に物件探しがしやすくなりますし、オーナーとの交渉もスムーズに進んでいきます。そのため、オーナーと直接、定期借家契約を結んで利用することも可能です。 しかし、大規模な改修となると、家を購入するわけではないので、改修費を調達するのも難しくなることも考えられます。そのような場合には、オーナーと入居者の間に不動産業者が入る形で、サブリースの形態を活用すれば、借りる側としては負担がほとんどなくなり、楽にことが進められるようになるのです。 サブリース方式の場合は、いくつかパターンがありますが、例えば、転貸人の不動産業者が改修費を負担して、借主の意向を反映した改修工事を発注することもできます。その場合、入居者は相場並みの家賃を収めるだけでよく、事業者はオーナーに対して収められた家賃から一部回収して、オーナーに渡すというような方法がとられるのです。