木材利用ポイントを使用してみよう【ポイントでぽいぽい交換】

基本情報

日の射し込む窓

マンションを売却したい時、普通は不動産会社を仲介業者として間に入れて売却を行います。マンションについての価値としては新築マンションのほうがありますが、その影響か不動産会社がそのマンションをなかなか宣伝してくれないことがあります。いわゆる押しが弱いというやつで鵜。しっかりと宣伝をすることで売却をしやすくなるのですが、宣伝が中途半端なことや宣伝に力が入っていないことで、マンションの売却が上手くいかないことがあるのです。なぜ不動産会社がマンションを売却しよとしないのでしょうか。それは、中古よりも新築のほうが魅力的だからです。新築の建物は人気があるため、早めに売れることが多いのに対して、中古の建物はなかなか売れません。

また、理由はそれだけでなく、中古の物件を売ろうとしても不動産会社にあまりメリットはないのです。その理由は、仲介手数料があまり入らないからです。新築住宅の場合、売却したら不動産会社と買主の両方から仲介手数料をもらうことができまます。しかし、中古の場合は買主側からしか仲介手数料をもらうことができません。 それ以外でも、新築住宅については5年保証、10年保証というカタチの短期保証が付いていることが多いのですが、中古住宅ではそのような保証が付いていないことが多いのです。それゆえ、もし中古の建物に瑕疵があれば面倒なことになりますつまり、不動産会社にとって中古物件を売る意味はあまりなく、どうしても消極的になってしまうのです。